ひょうごe-県民制度

兵庫の片隅から兵庫を盛り上げたい男、もーりーです。

さて。

「兵庫県を盛り上げたい」という気持ちから始めた当ブログの初心を思い出させてくれる制度に出会いました。

その制度とは、「ひょうごe-県民制度

平成31年1月から登録開始されたこの制度は、兵庫県を愛する人は登録して損はない制度となれるか。

今はまだ利用できる特典は少ないけれど、今後の展開にできるカードとなってます。

今回の記事では、ひょうごe-県民制度について解説していきます。

それではいってみよー

 

スポンサーリンク

ひょうごe-県民制度制度とは?

ひょうごe-県民制度制度とは兵庫県ホームページによると以下のように記載されています。

兵庫県にゆかりのある方や兵庫県に関心を持つ方々とのネットワークをつくり、日々の情報交流や将来の移住にもつなげていくための取組として「ひょうごe-県民制度」の登録を開始します。ひょうごe-県民としてご登録いただきますと、1.ふるさと情報の提供、2.兵庫県産品の購入、3.県内地域との交流促進など、県民証を通した様々なサービスによってふるさと兵庫への想いをつないでいきます。

ざっくりいうと、兵庫にゆかりのある人に様々なサービスを提供するので利用してね。さらに、サービスを利用した費用は兵庫県に寄付されるので兵庫県の応援にもなるよ!って感じ。

しかも、この制度を導入するのは全国で兵庫県が初めてだそうです。

凄いよ、兵庫県!
頑張れ、兵庫県!

 

登録できる人

ひょうごe-県民制度制度に登録できる人は以下の通り。

兵庫県出身の方
兵庫県に通勤・通学されていた方
兵庫県に関心のある方

注目するのは、「兵庫県に関心のある方」という条件。

この条件により、ひょうごe-県民制度制度といいながら、まさかの誰でも登録できます。

兵庫県出身、通勤・通学といのは理解できるけど、関心さえあれば良いというのはちょっと八方美人過ぎませんかね。

これは、きっと寄付が関連しているので全方位に向かってアピールしているんだと思われます。

貪欲にファンを集めていくスタイル!

 

スポンサーリンク

登録する事で利用できる特典は?

ひょうごe-県民制度に登録することで利用できる特典があります。

楽天Edyカードが発行される
インターネットモールで買い物
e-県民アプリ

楽天Edyカードが発行される

ひょうごe-県民証

まず、1つ目の特典としてひょうごe-県民証として、電子マネーの楽天Edyが発行されます。

楽天Edyはコンビニやスーパーなど全国で55万箇所以上の加盟店で使え、200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。

さらに、キャンペーンもやっているので、キャンペーンに登録後初めての利用で600ポイントが貰えます。

外部リンク 楽天スーパーポイントキャンペーン

ここに注目!

利用額に応じて、楽天Edy株式会社から兵庫県にふるさと寄附が行われる

利用額に応じて兵庫県に寄付されるので、ふるさと納税のような感じ。

やはりこの寄付が目的だと思うので、兵庫県に関心がある人であれば誰でもひょうごe-県民制度制度を登録できるのかなと思ってしまいます。

インターネットモールで買い物ができる

兵庫県の特産品を販売するインターネットモールサービスである「ひょうご市場(仮称)」の開設を予定してます。

外部リンク ※情報が公開され次第更新

平成31年度稼働予定で現時点(2019年4月20日)で分かっている情報としては、

地場産品や県産食材が購入可能
ひょうごポイントが貯まる

ひょうごポイントがきになる

 

e-県民アプリもある

地域の旬の情報やイベント案内を提供するアプリもあります。

外部リンク ※情報が公開され次第更新

平成31年度稼働予定で現時点(2019年4月20日)で分かっている情報としては、

登録市町の情報やPR番組を見れる
ひょうご市場で利用できるクーポンの配信

ひょうご市場を利用する上で必須のアプリになるかも!?

 

ひょうごe-県民証の登録はこちらから

ひょうごe-県民証の登録は、夢かなうひょうごホームページから登録することができます。

外部リンク 「ひょうごe-県民」登録フォーム

フォームから申請するだけで完了します。後はカードが届くのを待つだけ。

あとがきてきなもの

全国で初めてとなるひょうごe-県民制度制度。

現段階では登録者を集めている段階でサービスの展開はこれからといった感じ。

登録は無料、年会費も無料なので、取り敢えず作ってみては?

早くサービスが開始されるのが楽しみ。

兵庫県の片隅から兵庫県を盛り上げるサイト

外部リンク 阪急沿線を全力で楽しむ

盛り上がれ兵庫県!

 

Moimoi!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事